31.6 C
Bangkok
2024年7月20日

タイでノマドワーカーとして働くのは違法ですか?

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”L” name_position=”side_avatar” radius=”true” name=”” balloon=”lower” balloon_shadow=”true”]

タイの法律からみてタイのノマドワーカーは合法とはいえません。外国人が個人事業主や個人レベルの人には働く許可が出ないからです。一般的な観光ビザやエリートビザでさえ就労は禁止されています。

つまりタイのノマドワーカーは違法です。しかし、現実には数百人レベルで、リモートワークタイプで滞在している人がいます。

入国管理局や労働省雇用局なども実態を把握するのが、取り締まるのが困難なのも事実です。しかし誰かに話しをしたりした結果、妬まれて通報されることも少なくありません。(タイ人の知人や友人に自分の立ち位置を話すのもリスクです。)

[/word_balloon]

2. タイの労働法とノマドワーカー

2.1. タイの労働法に関する基本情報

タイでは、外国人が働くことができるかどうかは、その人が持っているビザと労働許可証によって決まります。一般的に、外国人はタイで働くためには、適切なビザ(たとえば、ノンイミグラントビザ)と労働許可証を取得する必要があります。

2.2. ビザと労働許可証の重要性

タイで働くためには、まず適切なビザを取得する必要があります。通常、ノマドワーカーが取得することができるビザは、観光ビザや教育ビザなどです。しかし、これらのビザは基本的には働くことを許可されていません。そのため、タイで働くには労働許可証も取得する必要があります。

3. デジタルノマドビザの現状

3.1. タイのデジタルノマドビザの種類

タイ政府は、デジタルノマドワーカーの増加に対応するために、新たなビザ制度を導入しています。この制度では、デジタルノマドビザ(Smart Visa)が提供されており、このビザを取得することで、タイで働くことができます。ただし、デジタルノマドビザの対象者は、特定の分野で働く専門家や起業家に限定されているため、すべてのノマドワーカーが対象となるわけではありません。

3.2. デジタルノマドビザの申請方法

デジタルノマドビザを申請するには、居住国のタイ領事館・大使館を通じて手続きを行う必要があります。必要な書類や手続きについては、各領事館・大使館のウェブサイトで確認することができます。デジタルノマドビザの申請には、一定の条件を満たす必要がありますので、事前に確認しておくことが重要です。

4. ノマドワーカーが直面する課題

4.1. タイの法律のグレーゾーン

タイの法律では、観光ビザや教育ビザを持っている外国人がタイ国内で働くことは基本的に禁止されています。しかし、デジタルノマドワーカーの場合、自国のクライアントと契約し、タイ国内で働くことが多いため、法律のグレーゾーンになっています。このため、ノマドワーカーは違法な働き方にならないないように注意が必要です。

4.2. 違法滞在のリスク

デジタルノマドワーカーが適切なビザや労働許可証を取得せずに働いた場合、違法滞在とみなされるリスクがあります。違法滞在が発覚した場合、罰金や強制送還などの厳しい処罰が科せられることがあります。そのため、タイで働く予定のデジタルノマドワーカーは、必ず適切な手続きを踏むことが重要です。

5. 合法的にタイで働く方法

5.1. 適切なビザの取得

タイで合法的に働くためには、まず適切なビザを取得することが必要です。デジタルノマドワーカーの場合、デジタルノマドビザ(Smart Visa)の取得が望ましいです。ただし、このビザは特定の分野で働く専門家や起業家に限定されているため、条件を満たせない場合は、他のビザ(ノンイミグラントビザなど)を検討する必要があります。

5.2. 現地企業との協力

タイで合法的に働くためのもう一つの方法は、現地の企業と協力することです。例えば、タイの企業と契約し、その企業の一員として働くことで、労働許可証を取得することができます。この方法は、自分のスキルや知識を活かして、タイの企業と共同でプロジェクトを進めることができるため、双方にメリットがあります。

6. タイでのノマドワーカー生活の魅力

6.1. コスト面のメリット

タイは物価が比較的安いため、ノマドワーカーにとって魅力的な国です。特に、宿泊費や食費が安いため、長期滞在するデジタルノマドには大変助かります。また、インターネット環境も整っており、カフェやコワーキングスペースなど、働く場所も豊富にあります。

6.2. 文化と生活の豊かさ

タイは歴史や文化が豊

かで、美しい自然やおいしい料理が楽しめる国です。デジタルノマドワーカーは、仕事とプライベートをうまくバランスさせながら、タイの魅力を満喫することができます。また、タイ人は親切で温かい人柄が多く、外国人にも受け入れられやすいため、現地での生活が充実することでしょう。

7. まとめ

タイでノマドワーカーとして働くことは違法ではありませんが、適切なビザや労働許可証を取得することが必要です。デジタルノマドビザや現地企業との協力を通じて、合法的に働く方法を選ぶことが大切です。タイでのノマドワーカー生活は、コスト面や文化の豊かさからも魅力的であり、適切な手続きを踏めば、充実した滞在が可能です。

8. よくある質問 (FAQ)

Q1. デジタルノマドビザの条件を満たさない場合は、タイで働けませんか?

A1. デジタルノマドビザの条件を満たさない場合でも、他のビザ(ノンイミグラントビザなど)を取得して、労働許可証を申請することで、タイで働くことができます。ただし、ビザの種類や条件によっては、働くことが制限されることもありますので、事前に確認が必要です。

Q2. タイで働くためには、必ず労働許可証が必要ですか?

A2. タイで働くためには、基本的に労働許可証が必要です。しかし、一部のビザ(デジタルノマドビザなど)では、労働許可証が免除されることもあります。具体的な条件や手続きについては、居住国のタイ領事館・大使館で確認してください。

Q3. タイでの違法滞在が発覚した場合、どのような処罰が科せられますか?

A3. 違法滞在が発覚した場合、罰金や強制送還などの処罰が科せられることがあります。また、違法

滞在が長期化した場合、将来的にタイへの入国が制限されることもあります。適切なビザや労働許可証を取得し、法律を遵守することが大切です。

Q4. タイでのノマドワーカー生活のコツは何ですか?

A4. タイでのノマドワーカー生活のコツは、まず適切な手続きを踏むことです。また、現地の言語や文化を学ぶことで、より充実した生活が送れます。さらに、現地のコミュニティやノマドワーカー仲間と交流することで、情報交換やサポートが得られることも大切です。

Q5. タイでおすすめのノマドワーカー向けの都市はどこですか?

A5. タイでおすすめのノマドワーカー向けの都市は、バンコク、チェンマイ、プーケットなどが挙げられます。これらの都市は、インフラが整っており、インターネット環境も良好です。また、カフェやコワーキングスペースが多く、働く場所にも困りません。さらに、観光スポットやレジャー施設も充実しているため、仕事とプライベートのバランスが取りやすいです。

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

JWC横須賀
JWC横須賀
1952年生まれで茨城県水戸市生まれ。在タイ・バンコク25年超。(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション元代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年10月に法人設立。バンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動していました。 2020年コロナ禍により現役を引退して社外アドバイザーになっています。
広告

関連のあるコラム