31.8 C
Bangkok
2024年2月25日

タイでロングステイで暮らすのが向いているのは、どんな人だと思いますか?

[word_balloon id=”3″ size=”M” position=”L” name_position=”side_avatar” radius=”true” name=”” balloon=”lower” balloon_shadow=”true”]

・食事に不平不満を言わずに、何でも食べれる人

辛いタイ料理でも食べれる人でないと、長くは住み続けるのはかなり難しいと思います。また手軽で安い屋台飯ばかり食べていると身体を悪くするリスクが高くなりますので、日本料理に限らず多種多様な食事をすることができるある程度金銭的余裕を持つべきでしょう。

・タイは何でも安いという時代はすでに終わったという事実を受け入れられる人

タイは何でも安いというイマージがありますが、実際安いのはタイ製の物か食材だけです。モノによっては日本より高くなっています。

・他人の意見は尊重しても気にしない人

ちょっと言われたぐらいで傷つくような人はタイでのロングステイは止めたほういいと思います。

・タイの文化を尊重でき、なおかつ自分のアイデンティティを忘れない人

タイの仏教や文化そして歴史を知らずに、タイやタイ人を下に見るような考えは危険です。
日本人であることに誇りを持って、やるべき事とやってはいけない事が分かる賢明さが必要でしょう。

・柔軟な発想と対応ができて、インターネットで得られる情報を取捨選択できる人

日本で刷り込まれた価値観を捨てて、自分のオリジナルな価値観を持つことは言うほど簡単ではないのですが、これができると見える世界が変わります。
今はインターネットでいろいろと検索できる時代であることは、ロングステイする人にはラッキーですが、ネット上にある情報が大半が根拠のない情報であることが多いので、情報を取捨選択できるインテリジェンスを持って活用できれば、自分自身の人生を有意義なものにできると思います。

・ロングステイの意味や目的を理解して、ぶれない人

自分のロングステイの意味や目的が何なのかが、分かっていないと不満や不平ばかり出てきて、ロングステイを続けるのは難しいでしょう。
日本以外の他国に住むということは、ビザの問題なども含めて何事も簡単に諦めていたら何も維持できないという考えを持たないと快適なロングステイはできないのでは無いかと思います。

以上、私の私見ですので、悪しからずご理解ください。

[/word_balloon]

タイは東南アジアの国で、その美しい自然や豊かな文化、リーズナブルな物価が魅力です。最近では、多くの人がタイでロングステイ生活を楽しんでいますが、一体どのような人がタイでのロングステイ生活に向いているのでしょうか。本記事では、タイの魅力やロングステイ生活について解説し、タイでのロングステイが向いている人物像を紹介します。

タイの魅力

タイには様々な魅力がありますが、ここでは亜熱帯の気候、豊富な文化、コストパフォーマンスが高いという3つのポイントに絞って紹介します。

亜熱帯の気候

タイは亜熱帯に位置するため、一年中温暖な気候が楽しめます。冬にも寒さを感じることがほとんどなく、ビーチでのんびり過ごすことができます。

豊富な文化

タイは古くからの伝統文化が息づいており、寺院や伝統的なダンス、美味しいタイ料理など、日常生活の中で異文化体験が豊富に楽しめます。また、国内には多くの観光地も存在し、週末には簡単に旅行を楽しむことができます。

コストパフォーマンスが高い

タイでは物価が日本などの先進国と比べて安く、生活費が格段に抑えられます。食費や交通費、家賃など、さまざまな面でコストパフォーマンスの高い生活が送れるのが魅力です。

タイでのロングステイ生活

タイでのロングステイ生活では、住居や交通手段、食事など、さまざまな面で新しい生活スタイルが待っています。

住居

タイでのロングステイ生活では、コンドミニアムやサービスアパートメントが人気の住居選択肢です。

コンドミニアム

コンドミニアムは、セキュリティがしっかりしており、共用施設も充実しているのが魅力です。プールやジム、コンビニなどが併設されていることも多く、快適な生活を送ることができます。

サービスアパートメント

サービスアパートメントは、家具付きのアパートメントで、定期的に清掃やリネン交換が行われるため、手間がかからず便利です。長期滞在に適した設備が整っており、ホテルのようなサービスを受けながら生活できます。

交通手段

タイでは、バンコクを中心にBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)が整備されており、便利な移動が可能です。また、タクシーやバイクタクシー、Grabなどの配車サービスも利用できます。

食事

タイ料理は世界的に有名で、現地で美味しいタイ料理を堪能することができます。また、屋台や市場で手軽に食べることができるので、食費を抑えることができます。さらに、バンコクなどでは日本食レストランも多く、日本食が恋しくなったときにも困りません。

タイでロングステイが向いている人物像

それでは、どのような人がタイでのロングステイ生活に向いているのでしょうか。以下の4つの人物像を紹介します。

独立した働き方を求める人

タイでは、労働許可証を取得し合法的にデジタルノマドとして働く人が増えています。インターネット環境が整い、カフェやコワーキングスペースも充実しているため、リモートワークがしやすい環境が整っています。自由な働き方を求める人には、タイでのロングステイが向いているでしょう。

冒険心が強い人

タイでの生活は、日本とは異なる文化や習慣があるため、新しいことにチャレンジする機会が多くあります。異国での生活に興味があり、冒険心が強い人には、タイでのロングステイが楽しめるでしょう。

異文化体験を楽しみたい人

タイでは、日本ではなかなか体験できない異文化体験がたくさんあります。タイ料理や伝統文化、祭りなど、現地でしか味わえない体験が楽しめます。異文化体験に興味があり、積極的に取り組むことができる人には、タイでのロングステイがおすすめです。

コスト削減を重視する人

タイでの生活費は、日本や欧米諸国に比べてかなり安いため、コスト削減を重視する人には向いています。特に、退職後の年金生活やフリーランスで働く人には、物価の安さが魅力的です。

まとめ

タイでのロングステイ生活は、独立した働き方を求める人、冒険心が強い人、異文化体験を楽しみたい人、コスト削減を重視する人に向いています。タイの魅力を十分に味わい、充実した生活を送るために、自分に合った生活スタイルを見つけてみてください。

FAQ

  1. タイでのロングステイに必要なビザは?
    タイでのロングステイには、観光ビザやビジネスビザ、リタイアメントビザなど、目的に応じたビザを取得する必要があります。
  2. タイでの治安はどうですか?
    タイは一般的に治安が良いとされていますが、観光地や都市部ではスリや詐欺に注意する必要があります。常に周囲に注意を払い、自分の貴重品をしっかり管理することが大切です。
  3. タイでのインターネット環境は?
    タイでは、都市部を中心にインターネット環境が整っており、Wi-Fiが利用できるカフェやコワーキングスペースも多く存在します。また、携帯電話のプリペイドSIMカードを購入すれば、手軽にモバイルデータ通信が利用できます。
  4. タイで日本語を話すことができる人は多いですか?
    タイでは、観光地や大学などでは日本語を話すことができる人もいますが、一般的には英語が主要な外国語です。基本的な英語でコミュニケーションが取れるようになっておくと、現地での生活がスムーズになります。
  5. タイでの医療状況はどのようですか?
    タイでは、特にバンコクやチェンマイなどの大都市には、設備が整った病院が存在し、日本語が通じる病院もあります。ただし、地方では医療状況が劣ることがあるため、万が一の際には大都市の病院を利用することが望ましいです。海外旅行保険に加入しておくと、安心です。
JWC横須賀
JWC横須賀http://takebkk.strikingly.com/
1952年生まれで茨城県水戸市生まれ。在タイ・バンコク25年超。(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション元代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年10月に法人設立。バンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動していました。 2020年コロナ禍により現役を引退して社外アドバイザーになっています。

関連のあるコラム