27.3 C
Bangkok
2024年5月27日

タイ税関の最新動向: BEV生産に関する新要件

タイのビジネスニュース: バッテリー式EV生産におけるタイ税関の最新動向

タイの税関がフリーゾーンでのバッテリー式電気自動車(BEV)生産に関する現地調達要件を周知しました。2023年11月から2024年1月にかけて複数のメーカーによるBEVの現地生産が開始されたことから、タイ税関が関連する情報を公開しました。

タイ税関の新たな措置

タイ税関は、フリーゾーンおよびタイ工業団地公社(IEAT)フリーゾーンで製造されたBEVの国内販売にかかる関税免除基準と手続きを定めた税関告示第22/2566号に関する情報をウェブサイト上で公開しました。これにより、FZ内で生産されたBEVは関税免除の恩典を受けることが可能となります。

現地調達要件の詳細

対象となるBEVは、FZで組み立てまたは製造され、2022年10月8日から2025年12月31日の間に国内販売のためにFZから搬出される乗用車、ピックアップトラック、商用車(10席以下)です。関税免除を受けるための現地調達要件には、現地生産またはASEAN加盟国産の原材料、輸入バッテリーセル、人件費、その他の生産コスト、利益の合計額が工場出荷価格の40%以上であることが含まれます。

BEV製造に関する重要事項

BEVの製造に関しては、FZ内で必須生産工程を経る必要があります。FZ内のBEVメーカーは、必須生産工程を経たことを自己証明する必要があります。また、FZ外での工程を実施する場合は、タイで登記された法人が実施しなければなりません。

結論

タイ税関の最新動向により、FZ内でのBEV生産に関する手続きが明確化されました。これにより、関税免除を受けるための要件や手続きについて理解を深めることが重要です。

よくある質問

Q1: BEVの関税免除を受けるための要件は何ですか?

A1: BEVの関税免除を受けるためには、現地調達要件を満たす必要があります。具体的には、工場出荷価格の40%以上が現地調達によるものであることが求められます。

Q2: BEV製造における必須生産工程とは何ですか?

A2: BEV製造における必須生産工程とは、OIEや関連機関が定める生産工程のことです。FZ内でこれらの工程を経ることが必要です。

Q3: BEVのFZ外での工程を行う場合の条件は?

A3: BEVのFZ外での工程を行う場合は、半数以上の工程と最終工程をFZ内で行う必要があります。

Q4: BEV関税免除の申請資格を持つ事業者の条件は?

A4: BEV関税免除の申請資格を持つ事業者は、FZ事業者またはBEVを搬出する事業者であり、物品税局通達に基づくBEV支援措置の対象事業者に認定されている必要があります。

Q5: BEVの関税免除申請の承認プロセスはどのようになっていますか?

A5: BEVの関税免除申請の承認プロセスでは、税関からの承認を得る必要があります。関税免除を受けるためには、所定の要件を満たすことが必要です。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/03/c98b0629519655db.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム