25.3 C
Bangkok
2024年6月26日

タイの日本料理レストランが3000店突破(バンコクは減少)

報道によると、日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所は2018年9月13日、8月末現在でタイの日本料理店の数が3,004店となったと発表しました。前年同月比で8.3%の増加となりました。

バンコク首都圏では日本料理店の数は1.2%減少の1,712店となりましたが、地方での日本料理の人気が上昇とのこと。また専門店では寿司店が人気で、寿司店の数は79.4%増の454店になりました。

個人で日本食レストランを開業して維持していく困難指数も同時にアップしたと思います。

これからはバンコクではより専門店化、地方ではタイ人のスタッフのタイ語能力も含んだマネージメント(管理)能力が問われる時代になったという事でしょう。
しかし、・・・まだまだ個人の飲食店ビジネスチャンスは残されていると思います。

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

JWC横須賀
JWC横須賀
1952年生まれで茨城県水戸市生まれ。在タイ・バンコク25年超。(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション元代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年10月に法人設立。バンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動していました。 2020年コロナ禍により現役を引退して社外アドバイザーになっています。
広告

関連のあるコラム