29.9 C
Bangkok
2024年2月25日

空路陸路問わず入国時に所持金が2万バーツあることを提示するよう求められているようです。

スワンナプーム空港

タイ政府は貧乏旅行者は排除する方向に舵を切ったようです。

タイへの入国に際して、欧米人旅行者の間で現在ちょっとしたパニックが起きている。
空路陸路問わず、入国時に所持金が2万バーツあることを提示するよう、求められているためだ。

 タイ政府入国管理局は従来より観光ビザでの入国は、一年間に2回までとしてきた。今回問題となっているのは、所持金(個人2万B、家族4万B)を提示しなくてはならないことだ。

 現在タイでは、欧米人バッグパッカーが沿道で物乞いやパフォーマンスをして旅行代を稼ぐケースが増加している。彼らはBeg Packer(乞食パッカー)と呼ばれている。

 また、労働許可無しで英語教師をしたり、実際には通ってもいないのに就学ビザを取得しているなどが問題となっている。これらに対処するために取られたのが、所持金の提示だ。

 困っている人に施しをすることで、徳を積むという仏教の教えにもとずいたタイ人の習慣がある。欧米からの旅行者の中には、こうした風習を利用して旅費や生活費を稼いているとして、SNSなどでもアップされる件数が目に見えて多くなっている。

 所持金が提示できなった旅行者が、入国を拒否されたケースは少なくない。ただし、日本人が対象となったケースはまだ確認出来ていない。

参照サイト:http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4462&&country=2&p=2

JWC横須賀
JWC横須賀http://takebkk.strikingly.com/
1952年生まれで茨城県水戸市生まれ。在タイ・バンコク25年超。(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション元代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年10月に法人設立。バンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動していました。 2020年コロナ禍により現役を引退して社外アドバイザーになっています。

関連のあるコラム