メインコンテンツにスキップ

タイの会社設立、独立開業、就労ビザ、労働許可証(ワークパミット)、ビジネスサポート、オフィス探し、タイ語/英語の日本語翻訳の業務支援サイト

タイの会社設立、独立開業、就労ビザ、労働許可証(ワークパミット)、ビジネスサポート、オフィス探し、タイ語/英語の日本語翻訳の業務支援サイト

お気軽にご連絡ください。タイ国内:063-139-5605/日本から:050-3134-3722 (IP電話) LINE LINE: @a.kaji ■ブログ

4月1日よりタイ入国時の隔離期間が10日に短縮

2021年4月1日より、新型コロナウィルスによるタイへの入国制限の条件が一部緩和されました。

  1. タイ国内における隔離期間が短縮。
    ⇒ 今まで入国から最低14日間の隔離が必要でしたが、2021年4月1日以降は最低10日間の隔離へと軽減されました。

    これによりASQ対応宿泊施設からも新しいパッケージ費用が発表されています。
    タイ航空が公開しているASQ対応宿泊施設の料金表によると、11泊12日で29,500バーツからとなっています。

  2. 搭乗可能健康証明書(Fit-to-Fly診断書)の提示が不要に。
    ⇒ 今まで、タイに入国の際は渡航便出発の72時間以内に発行されたRT-PCR検査結果とFit-to-Fly診断書の提示が必要でしたが、このうち「Fit-to-Fly診断書」のみタイ入国時の提示が不要になりました。

ASQ対応宿泊施設の予約代行や、入国許可証COEの申請代行については、個別に弊社までお問い合わせ下さい。

 

入国許可証(COE)関連サポート

新型コロナウィルスによる影響でタイへの入国に「入国許可証(COE)」の申請が必要になったみたいだけど、一人でできるか心配…。

そんなあなたに、朗報です!

弊社が、入国許可証(COE)申請代行や、ASQホテルの手配をお手伝い致します。

対応可能なビザの種類:ノービザ、観光ビザ、医療ビザ、ビジネスビザ、リタイアメントビザ、結婚ビザ
※その他のビザは事前にご相談下さい。
※既に有効なビザをお持ちである事が前提です。ビザ新規取得から始める場合は、別途お見積もりとなります。

ご提供可能なサービスと費用の例
(下記以外も、LINE通話等でご相談の上で、お見積もりさせて頂きます)
COE(入国許可証)の申請代行(LINEでの必要書類のチェックと不備の指摘を含む)⇒ 1,000バーツ
ASQホテルまたはAHQ治療先医療機関の予約と問い合わせ代行 ⇒ 3,000バーツ
※問い合わせ内容が、電話の場合1時間、メールの場合3往復を大幅に上回る内容の場合、別途お見積もりとさせて頂く場合があります。
AHQ医療機関の予約と問い合わせ代行、医療ビザ申請のサポートとCOE(入国許可証)の申請代行 ⇒ 8,000バーツ
※問い合わせ内容が、電話の場合1時間、メールの場合3往復を大幅に上回る内容の場合、別途お見積もりとさせて頂く場合があります。

上記以外のサービスも対応可能な場合がありますので、一人で悩まずに、まずは弊社にご相談下さい。

タイで取得可能なビザの種類

タイで取得可能なビザの種類としては、

① 就労ビザ ⇨ タイの会社(日系問わず)に就職して取得。または自分で起業するために会社を作るかのいずれか。

② EDビザ ⇨ タイのEDビザを扱っている学校(語学学校、大学など)に入学して取得。一般的に1~3年程度が限界。

③ 観光ビザ ⇨ タイ国内では取得できないので、ラオスなどのタイ大使館で申請。3~4回取得すると取れなくなり、1年が限界。

④ 投資ビザ ⇨タイに1000万バーツ(約3500万円)以上の投資をした場合に取得が可能。投資を続けている間はビザ取得可能。

⑤ エリートビザ ⇨タイエリートクラブに入会する。入会金200万バーツ、年会費2万バーツ。20年間の会員権が与えられ、その間は5年間のマルチビザを連続で取得可能。

 

個人起業家にお勧めなのは、以下の流れです。

  1. タイで会社設立してビジネスビザを取得して働く
  2. 2~3年後にタイ人と結婚する(夜の仕事以外の女性と)
  3. 40万バーツの口座を作成して家族ビザに切り替える(申請書類が少なくなり簡単になる)
error

最新の情報を受け取るにはSNSでフォロー下さい。