25.3 C
Bangkok
2024年6月26日

タイの消費者物価、7カ月ぶりに上昇

タイの消費者物価が7カ月ぶりに上昇

タイ商務省が発表した情報によると、2024年4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で0.19%上昇し、7カ月ぶりにプラスに転じました。この上昇には世界的なエネルギー価格の上昇や猛暑による生鮮食品価格の上昇、軽油の小売価格を抑制する物品税の引き下げ措置が影響しています。ただし、エネルギーや生鮮食品を除くコア指数の上昇率は前月と同じ0.37%で推移しています。

2024年の消費者物価予測

2024年の残り期間におけるCPI上昇率は、燃料価格や農産品のさらなる上昇によって1.0~1.5%になる見込みです。第4四半期にはデジタル・ウォレット政策の実施や最低賃金の引き上げが物価に上昇圧力をもたらすと予想されています。一方、商務省は2024年通年のCPI上昇率予測を0.0%~1.0%(中央値0.5%)としており、中央銀行が設定するターゲットレンジ(1.0~3.0%)を下回る見通しとなっています。

結論

タイの消費者物価が7カ月ぶりに上昇し、2024年の残り期間でも上昇が続く見込みです。ただし、商務省の予測では全体的な上昇率は抑えられるとされています。

FAQs

Q1: なぜタイの消費者物価が上昇したのですか?

A1: エネルギー価格の上昇や生鮮食品価格の上昇、軽油の小売価格を抑制する措置の影響が挙げられます。

Q2: 2024年の消費者物価予測はどのようになっていますか?

A2: 2024年の残り期間では1.0~1.5%の上昇が見込まれ、通年では0.0%~1.0%の予測がされています。

Q3: タイの消費者物価に影響を与える要因は何ですか?

A3: 燃料価格や農産品の価格の上昇、政策の実施などが消費者物価に影響を与えています。

Q4: タイの消費者物価が上昇するとどのような影響がありますか?

A4: 物価の上昇により、消費者の生活費や経済活動に影響が出る可能性があります。

Q5: タイの中央銀行のターゲットレンジは何ですか?

A5: タイの中央銀行が設定するターゲットレンジは1.0~3.0%です。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/05/9c1d5cd5b5469560.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム