31.6 C
Bangkok
2024年7月20日

タイ国鉄、バンコク~ビエンチャン路線の試験運行

タイ国鉄、バンコク~ビエンチャン路線の試験運行を7月中旬に実施

タイ政府の発表によると、タイ国鉄(SRT)はバンコクからウドーンターニー県、ノンカイ県を経由し、ラオスのビエンチャンまでの試験運行を7月13日から14日にかけて行います。この取り組みにより、タイ~ラオス間の人や貨物の輸送が活発化され、将来的には中国ラオス鉄道と接続することで中国への延伸も可能になると期待されています。地域の観光・物流ハブを目指すタイ政府の「イグナイト・タイランド」政策に沿った重要な一歩となるでしょう。

ラオス側での開通予定

ラオス側の報道によると、ガームパソン・ムアンマニー公共事業運輸相は国会答弁において、ビエンチャン~バンコク路線は7月末から8月上旬に開通する予定だと述べました。これにより、両国間の交通がさらにスムーズになり、経済的な交流が促進されることが期待されています。

結論

タイ国鉄によるバンコク~ビエンチャン路線の試験運行は、両国間の交通を活性化させる重要な一歩となります。地域の観光・物流ハブを目指すタイ政府の政策に沿った取り組みは、経済的な発展に大きく貢献することが期待されます。

FAQs

Q: 試験運行後の正式な開通はいつ予定されていますか?

A: ラオス側の報道によると、ビエンチャン~バンコク路線は7月末から8月上旬に開通する予定です。

Q: 中国ラオス鉄道との接続は将来的に実現するのでしょうか?

A: タイ~ラオス間の鉄道網整備により、中国ラオス鉄道との接続が可能になる見込みです。

Q: タイ政府の「イグナイト・タイランド」政策にはどのような内容が含まれていますか?

A: 「イグナイト・タイランド」政策は、地域の観光・物流ハブを目指すタイ政府の取り組みであり、2030年までのタイの目標を設定した構想です。

Q: 試験運行の成功により期待される効果は何ですか?

A: 試験運行の成功により、タイ~ラオス間の人や貨物の輸送が活発化され、経済的な交流が促進されることが期待されています。

Q: タイ国鉄の試験運行はどのようなスケジュールで行われる予定ですか?

A: タイ国鉄によるバンコク~ビエンチャン路線の試験運行は、7月13日から14日にかけて実施される予定です。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/06/02d6f34c99fbc2ca.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム