31.6 C
Bangkok
2024年7月20日

「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」活動報告

環境意識向上と健康促進を目指すイベント「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」

バンジャック・コーポレーション・パブリック・カンパニー・リミテッド(株)は、「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」の活動を支援し、「Together, For A Better World」をスローガンに掲げ、2567年6月15日から16日までバンコクのベンジャキット公園で開催されました。この活動は、2566年の「スポーツを通じた気候行動」のコンセプトに基づいており、2024年のオリンピックイベントに合わせて、地球温暖化の問題に焦点を当てています。

イベントのハイライト

「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」は、国際オリンピック委員会(IOC)設立130周年を記念するために、6月23日に開催されました。タイ国内のIOC委員会の会長であるプラウィット・ウォンスワン氏が開会式の議長を務め、タイのバンコク市長であるチャットチャット・シットパン氏やイベントの組織委員会のメンバーも出席しました。また、フランス大使館のダン・ゴルド・プワンベーフ氏が代表として参加し、ベンジャキット公園での開会式に出席しました。

環境への取り組み

バンジャック社は、ランナーや参加者のカーボンフットプリントを評価し、カーボンクレジットで補償することで、イベントをカーボンニュートラルにする取り組みを行っています。また、リサイクルの促進や、地球温暖化の危機に関する知識を提供するブースの展示、「知っていますか?」と題した展示会の開催、エンターテイメントと教育を兼ね備えたゲームの紹介、個人のカーボンフットプリントを評価するためのMyCFアプリの紹介などが行われました。これらの取り組みは、バンジャック社とBCPG Public Company Limitedによって実施され、Inthanin Mobile車両が会場で飲料を提供しました。

総括

バンジャック社は、2018年から続く「ウォーク・ラン・オリンピック・デー」を支援しており、2566年から2567年にかけては、「スポーツを通じた気候行動」のコンセプトに基づいて環境にやさしいイベントをサポートしています。これにより、イベントがカーボンニュートラルになるよう取り組んでおり、国際連合の気個行動に対応するスポーツ活動の方針にも沿っています。

よくある質問

1. 「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」はどのようなイベントですか?

「ウォーク・ラン・オリンピック・デー2024」は、環境意識向上と健康促進を目的としたイベントであり、地球温暖化の問題に焦点を当てています。

2. バンジャック社の取り組みにはどのようなものがありますか?

バンジャック社は、ランナーや参加者のカーボンフットプリントを評価し、カーボンクレジットで補償するなど、環境への取り組みを行っています。

3. イベントにはどのような人々が参加しましたか?

イベントには、スポーツと環境委員会の副会長やバンコク市長など、多くの関係者が参加しました。

4. バンジャック社の環境に対する姿勢はどのようなものですか?

バンジャック社は、環境にやさしいイベントをサポートし、カーボンニュートラルな取り組みを行っています。

5. 今後の展望はどのようになっていますか?

バンジャック社は、引き続き環境に配慮した取り組みを行い、地球温暖化などの課題に対処していく予定です。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.thaipr.net/business/3483449

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム