25.3 C
Bangkok
2024年6月26日

米商務省、IPEF参加国の労働力開発成果を発表

米商務省、IPEF参加国の労働力開発の成果を発表、アップルやグーグルとも連携

米国商務省は、2024年6月6日にインド太平洋地域の女性の経済的エンパワーメントを図る「インド太平洋経済枠組み(IPEF)アップスキリング・イニシアチブ」の成果を発表しました。このイニシアチブは、持続可能で包摂的な経済成長を目指すIPEFの取り組みの一環であり、米国政府が2022年9月に開始した労働力開発プログラムです。主にIPEFに参加する新興国・中所得国の女性を対象に、デジタルスキルに関する研修や教育機会を提供することで、労働力ニーズに応える取り組みが行われています。

ジーナ・レモンド長官のコメント

商務省のジーナ・レモンド長官は、IPEF閣僚会合のためシンガポールを訪れており、IPEFのクリーン経済協定、公正な経済協定、運用体制に関するIPEF協定の署名も行われました。同長官は、2032年までに700万人にスキルアップの機会を提供するという当初の目標を上回り、これまでに1,090万人以上にスキルアップの機会を提供したことを発表しました。レモンド長官は、「このイニシアチブが、女性や少女たちに、常に進化し続ける労働市場で成功するために必要なデジタルスキルを身につけさせ、ジェンダーギャップを埋めることで、より公平で安定した社会を促進することに貢献できることをうれしく思う」と述べました。

米国企業幹部のコメント

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「教育は公平な機会をもたらす強力な手段であると信じている」「誰もが自分の可能性を最大限に発揮できるチャンスを得るべきであり、全ての人々が教育を受けられるよう機会の拡大に努めている」と述べました。また、グーグルのスコット・ボーモントアジア太平洋地域プレジデントは、「AIがわれわれの世界を変化させ続ける中、このような重要なプログラムは誰もが新興技術から恩恵を受けるために不可欠だ」「インド太平洋地域全体で女性や女性が経営するスモールビジネスを対象に、包摂的なデジタルスキル研修を提供することに尽力している」と述べました。

結論

米商務省のIPEFアップスキリング・イニシアチブは、女性の経済的エンパワーメントを促進し、デジタルスキルの普及を通じて社会の公平性と安定性を向上させる重要な取り組みです。

FAQs

Q1: IPEFアップスキリング・イニシアチブは何を目指しているのですか?

A1: IPEFアップスキリング・イニシアチブは、持続可能で包摂的な経済成長を目指しています。

Q2: どのような企業がIPEFに参加していますか?

A2: アップルやグーグルなどの米国大手企業がIPEFに参加しています。

Q3: 何人にスキルアップの機会が提供されたのですか?

A3: これまでに1,090万人以上にスキルアップの機会が提供されました。

Q4: IPEFアップスキリング・イニシアチブの成果はどこで発表されましたか?

A4: 米国商務省が2024年6月6日に成果を発表しました。

Q5: 米国企業幹部のコメントにはどのような内容が含まれていますか?

A5: アップルのCEOは教育の重要性に言及し、グーグルのプレジデントはデジタルスキル研修の重要性を強調しました。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/06/f9735c0327269a1d.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム