27.3 C
Bangkok
2024年5月27日

タイの10都県でホテル最低賃金引き上げ

タイの10都県で4つ星以上のホテルの最低賃金が引き上げられる

タイの最低賃金引き上げに関するニュースが報じられました。これまでの一律引き上げとは異なり、今回は特定の分野と職種に対してのみ適用されることとなっています。具体的には、10都県の特定区域で、50人以上の従業員を雇用する4つ星以上のホテルで、最低賃金が日額400バーツに引き上げられることが決定されました。観光業が重要な産業となっているタイでは、これらの区域には多くの観光客が訪れています。

適用区域

具体的な適用区域は以下の通りです。

– バンコク都:パトゥムワン区、ワッタナー区

– クラビー県:アオナン行政機構区域

– チョンブリー県:パッタヤー市

– チェンマイ県:チェンマイ市

– プラチュワップキーリーカン県:ホアヒン市

– パンガー県:クックカック地区

– プーケット県:全域

– ラヨーン県:バンペー地区

– ソンクラー県:ハートヤイ市

– スラートターニー県:サムイ島

反対意見と懸念

一部の報道によると、ホテル業以外の観光産業からは、この最低賃金引き上げが公平でないとの反対の声が上がっています。また、観光産業の労働集約性や賃金コストの上昇に対する懸念も示されています。

政府の対応

一方、セター・タビシン首相は、他の産業についても最低賃金引き上げを検討していることを表明しています。政府は既に全国の最低賃金を引き上げており、今後も引き上げを継続する方針です。

結論

最低賃金引き上げが特定のホテル業に限定されることについては、賛否両論がある中、政府は他の産業にも目を向けて検討を進めていることが明らかとなりました。

FAQs

Q1. 最低賃金引き上げはいつから施行されますか?

A1. 最低賃金引き上げは2024年4月13日から施行されます。

Q2. 他の産業にも最低賃金引き上げは適用される予定ですか?

A2. セター・タビシン首相は他の産業についても引き続き最低賃金引き上げの検討を続けるとしています。

Q3. 最低賃金引き上げに反対する声はどのような理由から上がっていますか?

A3. ホテル業以外の観光産業からは、公平性に疑問を持つ声が上がっています。

Q4. 最低賃金引き上げの影響はどのように考えられますか?

A4. 賃金コストの上昇や労働集約性による影響が懸念されています。

Q5. 政府の最低賃金引き上げに関する方針はどのようになっていますか?

A5. 政府は今後も最低賃金引き上げを継続する方針を示しています。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/04/dfa95b0b60ea72ab.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム