28.7 C
Bangkok
2024年5月27日

アジア大洋州の日系企業地域統括機能調査報告

アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能調査報告書(2024年3月)

アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能に関する調査報告書が2024年3月に公表されました。この報告書は、ジェトロがシンガポール、バンコク、クアラルンプール、ニューデリー、ムンバイ、チェンナイ、ベンガルール、アーメダバードで実施したアンケート調査の結果をまとめたものです。

調査の目的

調査は、アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能の実態把握を目的としています。シンガポール、タイ、マレーシア、インドなどで地域統括機能を担う経営者や実務担当者、さらには検討中の企業に調査結果を共有し、設置や運営に役立てることを目指しています。

調査結果のポイント

– 2023年10月から11月に実施されたアンケート調査

– 地域統括機能の設置状況や運営に関する詳細なデータ

– 日本企業の地域統括機能に対する課題やニーズの把握

報告書の詳細

– 発行年月:2024年03月

– 作成部署:ジェトロ調査部アジア大洋州課、ジェトロ・ニューデリー事務所、ジェトロ・シンガポール事務所、ジェトロ・バンコク事務所、ジェトロ・クアラルンプール事務所

– 総ページ数:142ページ

報告書のダウンロードは以下から行えます:

– [アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能調査報告書 (1.6MB)](リンク)

– [アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能調査 国別アンケート調査票 (4.9MB)](リンク)

– [アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能調査(正誤表) (331KB)](リンク)

結論

アジア大洋州地域における日系企業の地域統括機能に関する調査報告書は、地域統括機能の重要性や課題について詳細に分析しています。日本企業が今後の事業展開や組織運営に活かすために、是非ご一読いただきたい内容です。

よくある質問

Q1: 調査結果はどのような企業に役立ちますか?

A1: 調査結果は、地域統括機能を検討している企業や既に運営している企業にとって、設置や運営の参考になります。

Q2: 調査の対象地域はどこですか?

A2: 調査はシンガポール、バンコク、クアラルンプール、ニューデリー、ムンバイ、チェンナイ、ベンガルール、アーメダバードで行われました。

Q3: 調査結果の詳細はどこで確認できますか?

A3: 詳細な調査結果は報告書のダウンロードページから入手可能です。

Q4: 調査に参加することはできますか?

A4: 調査は過去のものですが、今後の調査には関連する企業が参加することができる可能性があります。

Q5: 調査結果を活用する際のポイントはありますか?

A5: 調査結果を活用する際には、自社の地域統括機能の現状と比較し、適切な施策を検討することが重要です。

Photos provided by Pexels
参照記事:https://www.jetro.go.jp/world/reports/2024/01/a4fd9b090c7bdb76.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム