29.9 C
Bangkok
2024年4月21日

タイの非特恵C/O新システム変更2024年2月

タイのビジネスニュース: 2024年2月の非特恵原産地証明書に関する新システム

2024年2月22日

タイ商務省外国貿易局(DFT)は、非特恵原産地証明書(C/O)の発行に関する重要な変更を発表しました。これにより、非特恵C/Oの発給依頼はHS2022に基づいて行われ、2月15日以降はDFTの「スマートC/Oシステム」を通じて発給依頼する必要があります。DFTの問い合わせ窓口は、+66-2-547-4830、+66-2-547-4838、ホットライン1385です。

新システムへの登録について

2023年11月8日に導入されたDFTの新システムについて、在タイ日系企業からジェトロにも問い合わせが寄せられています。アカウント登録は「スマート・ライセンシング・システム(スマート1)」で行い、同じアカウント情報を「スマートC/Oシステム」と「原産地証明書検認システム(ROVERsプラス)」でも利用できるようになっています。

このシステムは、タイ商務省事業開発局(DBD)の法人登記データベースと連携しており、C/Oの署名者については、自動的に署名権のある取締役が設定される仕組みとなっています。

米国、EU向けウォッチリストの新ガイドライン

2023年12月18日に発表されたDFTからの新たな通達により、米国、EU向けの監視対象品目(ウォッチリスト)に関するガイドラインが更新されました。これにより、非特恵C/Oを取得する際には、より厳格な検査と精査が行われることになります。

FAQ

Q1: 非特恵C/Oの発行に関する変更点は何ですか?

A1: HS2022に基づいて発行依頼が行われ、スマートC/Oシステムを通じて発給依頼する必要があります。

Q2: 新システムへの登録方法は?

A2: スマート1にアカウント登録を行い、同じ情報を他のシステムでも利用できるようになっています。

Q3: 米国、EU向けウォッチリストの更新内容は?

A3: ウォッチリストが48品目から58品目へ拡大し、HS2022年版で提供されています。

Q4: 原産性判定申請の提出方法は?

A4: ROVERsプラスシステムを通じて製品の原産性判定申請を行う必要があります。

Q5: 輸出者が提出する書類には何が含まれますか?

A5: インボイス、船荷証券、製品の原産性承認、生産者の原価計算書などが必要です。

結論

2024年2月からの非特恵原産地証明書の新システムに関する変更は、タイの輸出業者にとって重要なポイントとなります。新しいガイドラインやシステムへの適応がスムーズに行われるよう、関係者は注意を払う必要があります。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/02/f54cad4fb7ad81a4.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム