29.9 C
Bangkok
2024年4月21日

タイ経済:第2四半期の楽観的な展望

タイの第2四半期の見通し:楽観的な展望

タイ経済は、今年は成長が鈍化すると予想されていますが、国家予算の支出と紅海地域の緊張の緩和により、第2四半期には改善する見込みです。商業・産業・バンコク合同常設委員会(JSCCIB)によると、国家経済社会開発評議会は今年のGDP成長率を2.7%と予測しており、タイの燃料消費の低下から成長率が低くなるとの見方もあります。

JSCCIBは、フーシ派の攻撃の影響が緩和され、国際貿易に利益をもたらす第2四半期に経済状況が改善すると信じています。タイ工業連盟のクリーンクライ・ティエンヌクル会長もこの見解を支持しており、2024会計年度の予算配分について政府が進展を見せることを期待しています。

中国経済の成長がタイ経済にもプラスの影響を与えると見込まれており、観光と輸出の回復も期待されています。JSCCIBは外国人観光客の増加にも楽観的であり、政府のビザ免除政策などが外国人観光客を引き寄せる一因となっています。

クリーンクライ氏は、輸出の重要性を強調し、タイが新たな市場を開拓する必要性を指摘しています。また、家計の借金水準や中小企業の資金調達の難しさにも触れ、経済のさらなる発展には支援が不可欠であると述べています。

結論

タイの第2四半期の経済見通しは楽観的であり、様々な要因が経済の改善に寄与する見込みです。政府や関連団体の施策が経済成長を後押しすることが期待されます。

FAQs

Q1. タイの経済成長率はどのように予測されていますか?

A1. タイの経済成長率は、今年のGDP成長率を2.7%と予測されています。

Q2. 外国人観光客の増加による影響は何ですか?

A2. 外国人観光客の増加により、観光業や関連産業へのプラスの影響が期待されています。

Q3. タイの輸出についてどのような課題がありますか?

A3. タイの輸出は拡大していますが、新たな市場開拓の必要性や国際的な競争力の向上が課題とされています。

Q4. 家計の借金水準についてはどのような状況ですか?

A4. 家計の借金水準はGDPの90%以上と推定されており、消費者の購買力が弱い状況が続いています。

Q5. 中小企業の資金調達に関する支援策は何が必要ですか?

A5. 中小企業の資金調達には支援が必要であり、より柔軟な融資制度や支援プログラムの充実が求められています。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://www.bangkokpost.com/business/general/2754321/industry-panel-bullish-on-q2-outlook

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム