33.7 C
Bangkok
2024年2月25日

タイの2023年乗用車BEV登録台数が8倍に急増

タイの2023年の乗用車BEV登録台数が前年比8倍に急増

タイの運輸省陸上運送局(DLT)のデータによると、2023年の12月におけるバッテリー式電気自動車(BEV)の新規登録台数は前年同月比4.2倍の1万1,180台でした。そのうち乗用車は7.4倍の9,232台、二輪車は1.7倍の1,847台でした。ハイブリッド電気自動車(HEV)は34.4%増の5,509台であり、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)は21.2%減の535台でした。

2023年1~12月の累計新規登録台数を見ると、BEVは前年同期比4.8倍の10万219台でした。その内訳は乗用車が7.9倍の7万6,144台、二輪車が2.2倍の2万1,927台でした。HEVは32.8%増の8万5,069台であり、PHEVは3.3%増の1万1,703台でした。

DLTのデータによると、BEV(乗用車)の12月の新規登録台数をメーカー別に見ると、1位はBYDでシェア44.5%、2位はNETAオートでシェア15.1%、3位はSAICモーター・CPでシェア13.3%でした。中国メーカー4社で合計83.3%のシェアを占めています。

2023年1~12月のBEV(乗用車)の累計新規登録台数をメーカー別に見ると、1位はBYDでシェア40.2%、2位はNETAオートでシェア16.8%、3位はSAICモーター・CPでシェア16.7%、4位はテスラでシェア10.8%でした。中国メーカー4社で82.6%のシェアを占めています。

12月末のEV累積登録台数は前年同月末比58.4%増の52万9,439台となりました。BEVは4.1倍の13万1,856台、HEVは32.3%増の34万3,604台、PHEVは27.3%増の5万3,979台となりました。

結論

タイにおける電気自動車の登録台数が急速に増加しており、特にBEVの人気が高まっていることが分かります。中国メーカーが市場をリードしており、今後の動向が注目されます。

FAQs

Q: なぜタイでBEVの登録台数が急増しているのですか?

A: 環境への配慮や省エネルギーの重視が高まっており、電気自動車の需要が増しているためです。

Q: どのメーカーがタイでBEV市場をリードしていますか?

A: BYD、NETAオート、SAICモーター・CPなどの中国メーカーがシェアを大きく占めています。

Q: 他の国と比べてタイの電気自動車市場はどうですか?

A: タイでも電気自動車市場が急速に成長しており、持続可能な交通手段への移行が進んでいます。

Q: タイ政府は電気自動車普及を支援していますか?

A: タイ政府は電気自動車の普及を促進するための様々な政策を実施しており、積極的に支援しています。

Q: 電気自動車の普及による環境への影響はどうですか?

A: 電気自動車の普及により、大気汚染の削減や地球温暖化対策に貢献する効果が期待されています。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/02/9bfeda2fa5182e4a.html

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。

関連のあるコラム