29.9 C
Bangkok
2024年4月21日

タイの2023年の乗用車BEV登録台数急増

タイの2023年の乗用車BEV登録台数が前年比8倍に急増

タイの運輸省陸上運送局(DLT)のデータによると、2023年の12月におけるバッテリー式電気自動車(BEV)の新規登録台数は前年同月比4.2倍の1万1,180台でした。そのうち乗用車は7.4倍の9,232台、二輪車は1.7倍の1,847台でした。ハイブリッド電気自動車(HEV)は34.4%増の5,509台であり、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)は21.2%減の535台でした。

2023年1~12月のEV新規登録台数

2023年1月から12月までのEVの累計新規登録台数は、BEVが前年同期比4.8倍の10万219台でした。その内訳は乗用車が7.9倍の7万6,144台、二輪車が2.2倍の2万1,927台でした。HEVは32.8%増の8万5,069台であり、PHEVは3.3%増の1万1,703台でした。

メーカー別の登録台数

DLTのデータによると、BEV(乗用車)の12月の新規登録台数をメーカー別に見ると、1位はBYDでシェア44.5%、2位はNETAオートでシェア15.1%、3位はSAICモーター・CPでシェア13.3%でした。2023年1~12月のBEV(乗用車)の累計新規登録台数を見ると、1位はBYDでシェア40.2%、2位はNETAオートでシェア16.8%、3位はSAICモーター・CPでシェア16.7%でした。

EV累積登録台数の増加

2023年12月末のEV累積登録台数は前年同月末比58.4%増の52万9,439台となりました。BEVは4.1倍の13万1,856台、HEVは32.3%増の34万3,604台、PHEVは27.3%増の5万3,979台となりました。

結論

タイにおける電気自動車の登録台数が急速に増加しており、特にBEVの人気が高まっていることが分かります。中国メーカーが市場をリードしており、今後の動向が注目されます。

よくある質問

Q: なぜタイで電気自動車の登録台数が急増しているのですか?

A: 環境への配慮や政府の補助金制度などが電気自動車の需要を促進しています。

Q: どのメーカーがタイで最も人気のある電気自動車を提供していますか?

A: BYDがタイで最も人気のある電気自動車メーカーとして台頭しています。

Q: 今後、タイの電気自動車市場はどのように変化すると予想されますか?

A: 需要の増加に伴い、さらなる競争が激化し、多様な電気自動車が市場に投入されると予想されます。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/02/9bfeda2fa5182e4a.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。
広告

関連のあるコラム