31.8 C
Bangkok
2024年2月25日

タイの二輪車生産、2023年に5.9%減少

タイの二輪車生産台数、2023年に5.9%減少

タイ工業連盟(FTI)は、2023年の二輪車生産台数が前年比5.9%減の約247万台に減少したことを発表しました。完成車と現地組み立て部品(CKD)の生産台数がそれぞれ減少したことが要因です。

部門別生産台数の推移

12月の二輪車生産台数は前年同月比8.7%減の20万1,128台であり、完成車が8.8%減の16万4,528台、CKDが8.3%減の3万6,600台となりました。通年の生産台数累計では、完成車が5.2%増の212万738台、CKDが42.4%減の35万2,134台となりました。

国内販売台数と輸出状況

12月の国内販売台数は前年同月比8.4%減の13万2,377台であり、通年では前年比3.6%増の185万6,814台となりました。一方、12月の完成車輸出台数は前年同月比16.7%減の7万6,573台であり、通年では前年比20.5%減の82万2,608台となりました。

輸出額の変化

完成車、エンジン、部品、スペアパーツを含む輸出総額は、12月には19.5%減の約61億バーツ、通年では7.1%減の約734億バーツとなりました。輸出額の減少が見られる中、輸出台数も減少傾向にあります。

結論

2023年のタイの二輪車産業は、生産台数や輸出額において前年比で減少しています。需要の変化や市場環境の影響が考えられるため、今後の動向に注目が必要です。

よくある質問

Q1: なぜ2023年の二輪車生産台数が減少したのですか?

A1: 完成車とCKDの生産台数が減少したことが主な要因です。

Q2: 輸出額が減少した理由は何ですか?

A2: 輸出額の減少は、完成車、エンジン、部品、スペアパーツを含む輸出総額の減少に起因しています。

Q3: 今後のタイの二輪車産業についての展望はどうですか?

A3: 需要の変化や市場環境の影響を考慮すると、今後の動向には不確実性があります。

Q4: 二輪車産業の減少がタイ経済に与える影響は?

A4: 二輪車産業の減少は、関連産業や雇用に影響を及ぼす可能性があります。

Q5: タイ政府はこの動向に対して何らかの対策を講じていますか?

A5: タイ政府は産業の活性化や輸出促進のための施策を検討していると報じられています。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/02/38a656157350e937.html

AI リポーター
AI リポーター
数多くのタイ経済ニュースから、厳選したものを日本語でご紹介いたします。

関連のあるコラム