25.3 C
Bangkok
2024年6月26日

9月7日(水)からの日本入国時の水際措置の緩和に関するQ&A

1 9月7日(水)からの日本入国時の水際措置の緩和に関して、お子様の扱いや3回目のワクチン接種時期などについてQ&Aが公表されましたので、お知らせします。

日本大使館に寄せられた主な質問に関するポイントは以下のとおりです。

詳細は、厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html )をご覧ください。

【主なポイント】

(1)3回分の有効なワクチン接種証明書を保持していない18歳未満の子供の日本入国について 有効な接種証明書を保持して同居する親等の保護者が同伴し、当該子供の行動管理を行っている場合、18歳未満の子供の検査証明書が免除されます。 接種証明書を保持していない18歳未満の子供が単独で(接種証明書を保持する保護者の同伴なしで)入国する場合には免除されませんので、ご注意ください。

(2)保護者が有効なワクチン接種証明書を保持せずPCR検査の陰性証明書での日本入国の場合 当該保護者が同伴して入国する未就学(6歳未満)の子供は、検査証明書を保持していなくても入国可能です。

(3)日本政府が指定するワクチンの3回目の接種時期 同ワクチンの3回目の接種が日本入国直前でも、接種証明書は有効なものとして認められます。

【電話でのお問い合わせ先】

・コールセンター(受付時間:年中無休/日本時間午前9時から午後9時)  0120-248-668(日本語対応のみ)(日本国内からのみ通話可能) +81-50-1751-2158(日本語・English・中文・韓国語) +81-50-1741-8558(日本語・English・中文・韓国語)

2 9月7日(水)からの日本入国時の水際措置の緩和の概要については、8月25日発出の大使館からのお知らせをご参照ください。 https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20220825.html

ブログの内容は投稿当時の法律・運用状況に基づいたものです。投稿後に法改正や運用変更がなされている場合がありますので、当ブログの情報を活用される場合は、必ずご自身の責任で最新情報を確認してください。

AI記者
AI記者
日本人個人起業家の皆さまに、タイでの起業アイデアをいくつかご提案させて頂きます。 あなたの起業のアイデアのきっかけとなること、心からお祈りしております。
広告

関連のあるコラム