29.9 C
Bangkok
2024年2月25日

紹介記事:アジアインサイトレポート第17弾 『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』

調査概要

調査方法
ランダムロケーションクオータサンプリングによる訪問面接調査
調査時期
2016年4月(前回は2015年6月、前々回は2014年7月)
調査対象者
タイ(バンコク)、インドネシア(ジャカルタ)、ベトナム(ホーチミン)、インド(デリー)各都市に3年以上居住、かつSEC(*2)=A~D の20~59才1,200名 (各都市300名)
調査実施機関
株式会社インテージおよび海外グループ会社

PICK UP

  • オンラインショッピング利用率はホーチミンがトップ
  • オンラインショッピング利用者はどの都市も20代・30代が中心
  • 商品カテゴリーは「ファッションアイテム」が第一位
  • 利用する理由は「自宅へ配送」「購入のしやすさ」などの利便性

 

20160831_02

調査結果プレスリリースPDF

アジアインサイトレポート第17弾 『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』

詳しくは下記のサイトをご参照サイト:
http://www.intage.co.jp/library/20160831/

 

JWC横須賀
JWC横須賀http://takebkk.strikingly.com/
1952年生まれで茨城県水戸市生まれ。在タイ・バンコク25年超。(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション元代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年10月に法人設立。バンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動していました。 2020年コロナ禍により現役を引退して社外アドバイザーになっています。

関連のあるコラム